東京オリンピックに向けて

飛行機の模型

外国人観光客に対応する

2020年の東京オリンピックに向けて、インバウンドセミナーが全国各地で多数開催されています。具体的にどのようなことが為されているのでしょうか。まずインバウンドという耳慣れない言葉は、主に観光業界で用いられる、海外から日本への旅行を意味する言葉です。英語のinboundは、in(内へ)にbound(〜行きの)がくっついた言葉なので、「内側へやって来る」というようなニュアンスを持っています。インバウンドの対義語はアウトバウンドで、これは自国から海外への旅行を意味します。インバウンドセミナーでは、日本特有の文化や観光名所の魅力を、外国人観光客に伝え、体感してもらうための様々な手法やノウハウを学ぶことが出来ます。おもてなし、ホスピタリティなどの接客技術から、外国人観光客向けの商品開発、販売戦略、メディアの活用法などのセミナーに加え、日本文化の魅力を伝える講演なども開催されています。注意したいのは、インバウンドという言葉が、業界によっては違ったニュアンスで使われているということです。たとえば広告業界にはインバウンド・マーケティングという用語があります。これは企業が魅力的なコンテンツを発信することで、消費者の側から商品・サービスに興味を持ってもらい、売り上げにつなげようとする販売戦略のことを意味します。消費者を動かすために、積極的な宣伝をする必要がなくなり、コストを削減することが出来ます。インバウンドセミナーといった場合、どちらの意味で言葉が使われているか注意した上で、自分の関心にあったものへ参加してみてはいかがでしょうか。